橋本 航史
社会学部(一橋大)
左漕ぎ






いわずもがなの37代部長。圧倒的人間的魅力、男女不問魅了自慢じゃあないが、僕も魅了されたうちのひとりだ。世に言う「飲み会」という神的儀式が大好きであり、その参拝率の高さたるや常軌を逸している。

P.S. 今川焼きを焼くのがうまい

稲田 啓輔
法学部(一橋大)
右漕ぎ






砂漠國鳥取藩からはるばる上京してきた男の子。ストロームの中でも随一リアルが充実している様子また、一見しっかりしているようにみえて、お茶目なところがたくさん☆まったく、かわいいんだから~。

明石 光司
経済学部(一橋大)
右漕ぎ






37代のブレーン。ガリレオの湯川先生よろしく脳内で緻密に算盤を弾き、いかなる難題にもベストアンサーを突き出す。その姿はまるで、ガリレオの湯川先生のよう。しかし、その好き嫌いの多さ故に、食べることのできる品目数は、米や豚肉など約10品目。

知久 温
社会学部(一橋大)
左漕ぎ






ストローム屈指のチャラ男。泣かした女は数知れず。イケメンが輝きすぎているので、サングラスなしでは彼の顔を拝むことは不可である。しかし、類まれなる笑いのセンスはあるが恋愛のセンスは皆無らしい。堂々の男子校病重篤末期患者筆頭である。
前田 悠太朗
法学部(一橋大)
右漕ぎ







「麦酒」と書いて「まえだ」と読む。こう言わしめたこの男、体内にはビールが巡るが、最近は記憶喪失に頭を悩ませる。競技係としても「飲み力は漕ぎ力」という家訓の元で鍛錬を怠らない。念願の英国留学を決めて白人美(幼)女に会える日を夢みて毎日ニヤニヤしてるとかしてないとか。
山本 麟太郎
商学部(一橋大)
左漕ぎ






変人奇人といったらこの人。ストロームのファッションリーダー的存在。交換留学で香港大学に通ったエリート。そういえば留学行く前、「僕。香港で彼女作る、ヤマヤマリンリン、ヤマリンリン!ぐふふ、バイヤー」とかおっしゃってたけど、その後どうなったんだろう?